トップページ > 委員会 > 情報委員会 > ニューズレター 第088号(2017.5.10発行)

ニューズレター 第088号(2017.5.10発行)

★☆★===============================

  日本キャリア教育学会ニューズレター 第88号(2017.5.10発行)

                   発行:日本キャリア教育学会 情報委員会
                 http://jssce.wdc-jp.com/
================================★★

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【コラム】「研究する力」はウリになるか?
                       南山大学 浦上 昌則
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「先生なら何をウリにしますか?」
 就活中の学生から、時々このような質問を受けます。大学に研究者として
籍を置く身ですので、「研究する力」としか答えようがありません(他に特
技もないし…)。とりあえず、研究に関してはプロでいられるよう努力して
います(そのつもりです)し、それがあるからこそ雇われていると思ってい
ます。
 「それってウレます…?」
 先のように答えると、大抵は怪訝な顔でこのように聞かれます。「買い手
次第じゃない」というのがいつもの答えですが…。
 でもこの話には続きがあって、正直なところは「研究する力」は売れると
信じています。課題を見つけ、適切な方法を用いてその現象のメカニズムを
解明し、そこから妥当な結論(対応策)を導く。これが研究する力の基本だ
と思っています。専門はどうであれ、これは研究する力に共通する要素でし
ょうし、便利なことに、多様な場面に応用できます。この力を求めない雇用
主がいるでしょうか?
 たとえば教師にとっても、研究する力は不可欠でしょう。授業や指導を改
善していくために、研究する力はどうしても必要です。これがなければ、
「例年通り」とか「マニュアル通り」の指導、カンに頼った指導しかできな
くなってしまいます。これでは教師としての成長は望めないでしょう。カウ
ンセラーや他の職業にしても同じだと思います。その職での成長は、そこで
の経験と研究する力によってうながされると思います。
 だから私は、どんなに怪訝な表情を向けられても、学生に「研究する力が
大事」と言い続けようと思っています。もっとも、それくらいしかできない
のですが…。

 さて、今回のこの原稿は、研究推進委員会が学会webでの掲載を企画して
いる、連載「研究をする」ともつながるものです。研究を行っていく上で役
立つ読み物を提供していきたいと考えています。5月下旬からスタートを予
定していますので,どうぞご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━