トップページ > 学会誌 > 論文審査内規

論文審査内規

  1. 投稿論文は、常任編集委員会の委嘱する3名以上の審査者により審査される。ただし、編集委員会からの依頼論文については1名以上の審査者により審査される。
  2. 審査者の選定にあたっては、少なくとも1名は常任編集委員とし、また著者と同一研究機関、同一研究グループ等に属する者等は避ける。
  3. 審査は著者名を秘して行う。
  4. 各審査者の審査結果は、次の4つのいずれかにより報告され、あわせて常任編集委員会及び著者あての意見が付される。
  5. (a)採択:このままの形で掲載してよいと判断されるもの。字句などのわずかな修正を要するものも含む。
    (b)修正採択:実質的な修正を条件として採択するもの。
    (c)修正再審査:大幅な修正が必要であり、採択・不採択の決定は修正の後に判断されるもの。
    (d)不採択:本誌の主旨に合わないものや、修正を行っても掲載に値するとは判断できないもの。
  6. 各審査者による結果にもとづき、常任編集委員会で合議の上、上記(a)から(d)のいずれかの結果に決定する。なお,同一論文についての「(c)修正再審査」との決定は原則として3回までとし,常任編集委員会は,それまでに「(a)採択」・「(b)修正採択」か「(d)不採択」の決定を行うように努める。
  7. 合議によって決定をくだすことが困難な場合は、新たな審査者を常任編集委員会で選び、その審査結果をあわせて常任編集委員会で合議の上で決定する。
  8. 審査結果は、審査者の名前を秘して常任編集委員会の決定を通知する文書とともに著者に送付する。
  9. 「修正採択」と決定された論文が修正後再投稿された際は、審査者のうちの1名がその修正が採択条件に合致しているか否かを審査する。なお、再投稿までの期間は結果を通知する文書に記載された日より3ヶ月以内とし、それを越えて再投稿された場合には新規受稿論文として審査を行うものとする。
  10. 「修正再審査」と決定された論文が修正後再投稿された際は、原則として先の審査者と同一人に送付され審査される。なお、再投稿までの期間は結果を通知する文書に記載された日より1年以内とし、それを越えて再投稿された場合には新規受稿論文として審査を行うものとする。
  11. 「不採択」の決定があり、その理由を不合理と判断する場合、投稿者は結果を通知する文書に記載された日より30日以内に限り、理由書を付した書面により常任編集委員会に対して異議申し立てを行うことができる。常任編集委員会がこの異議申し立て理由を妥当と認めた場合、1回に限り新たな審査者により再度審査を行う。
  12. 本規定は学会誌編集委員会においてこれを定める。

平成19年5月9日 制定
平成20年6月3日 一部改正
平成20年10月25日 一部改正
平成21年12月26日 一部改正